Megane



999.9(フォーナインズ) / made in SABAE

「眼鏡は視力矯正具である。機能を追求していくと必然的に生まれる形があり、それが美しいフォルムとなる。」
をコンセプトに、1995年9月に国内最高の技術を結集して誕生した、純国産の眼鏡フレームブランドです。 フォーナインズの眼鏡フレームは眼鏡を使用する人々の生活を見据え、快適にお使い頂けるように設計されています。眼鏡を必要とするあらゆる人が「ここちよく」使用できるフレーム。それがフォーナインズという眼鏡フレームです。

J.F.Rey / made in France

1978年、「モンテクリスト伯」こと「巌窟王」でもお馴染みの街、南仏のマルセイユを拠点として誕生したブランドです。アセテート生地を独特なカッティングやメタルとのコンビネーションで仕上げ、3次元的な奥行と空間を持たせ、メガネのデザインとは思えないほどの芸術的で遊び心溢れるコレクションです。
特に色遣いの鮮やかさは、日本人には真似のできないセンスです。マルセイユの香りと風を感じてください。

J.F.Rey BOZ / made in France

J.F.Reyのレディースライン、BOZ。2002年より、婦人のジョエル氏も復帰。ジョエルならではの、女性らしいデザインで、自然や身近な物もモチーフに、雲、太陽、星、樹木、花、動物、昆虫、鳥などを中心に、日本的な和柄では、扇子、折り紙、欄間、着物などもアレンジして、フランス人らしい感性と色彩感で、独特な世界観を創り出しております。

KAMURO / made in SABAE

宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Markus T.(マルクスティー) / made in GERMANY

北ドイツのイッセルホルストという田舎町にMarkus T.の本社があります。1998年に、デザイナーのマルクス・テミング氏がネジを使わないシンプルな眼鏡を開発してから十数年、彼は常に技術の革新と、それに付随したデザインを考案してきました。彼から生み出される、独創的なデザイン、機能美が高く評価され、数々の賞も受賞しております。軽くて丈夫なフレームをお探しの方は、ぜひ一度お試しください。

歩-Ayumi-(あゆみ) / made in SABAE

あゆみ

「毎日使うからこそ、かけやすさにこだわりたい。」
かけやすさへの飽くなきこだわりから生まれた『歩』。 プラスチック枠の中で、形状変化に強いセルロイドを採用。職人の手で削られ、磨き上げられた確かなものだけが『歩』と呼ばれます。一日でも永くかけ続けて欲しい。そんな職人の想いから、誕生したこだわりぬいた眼鏡です。

Design88 / made in SABAE

国内外の有名ブランドや、ドメスティック・ブランドメガネフレームのデザインを手掛けた、デザイナー杉本氏が、掛ける人の個性を活かすために考えた、唯一無二のメガネフレームです。リムレスのようで、リムの存在感があり、フルリムのようで、リムの存在感がない…不思議なフレームです。
年齢、性別を問わず、個性を活かす個性的なメガネフレームがDesign88です。メガネとメイクを楽しみたい、度数が強くて、レンズの厚みが気になる、そんな方にもお勧めです。

Pas a Pas(パサパ) / made in SABAE

パサパ

鯖江の女性デザイナーたちが、女性のために贈るMade in SABAEの大人可愛いメガネフレーム「Pas a Pas」。「コスメティックフレーム」という名前の通り、女性心をくすぐる色遣い、見ているだけで幸せな気持ちになり、選ぶことが楽しくなります。もちろんMadein SABAEということもあり、掛け心地の良さ、確かな技術力のある、メガネです。

Charmant Line Art(シャルマン ラインアート) / made in SABAE

ラインアートは、テンプル部分に大胆に「エクセレンスチタン」を使用することにより、その素材の特性を最大限に表現することで、包み込むようにソフトな掛け心地で、しかも購入時の掛け心地が長く持続するという、まさにメガネにとって理想的なベネフィットを兼ね備えることができました。独創的なラインを描くデザインは、ユニークで美しいだけでなく、独自のしなやかなフィット感を生み出し、掛けていることを忘れてしまうような軽い掛け心地の眼鏡フレームです。

Sunglass



OAKLEY(オークリー) ★福井県内唯一のOAKLEY PREMIUM DEALERです。 / made in U.S.A

1975年に設立された、米国カリフォルニア州に本社を構えるスポーツ&ライフスタイルブランドです。「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」を第一に考えて技術開発を行ってきた企業姿勢は、全世界で約600の特許取得という技術を生み出し、アイウェア業界のリーダ的存在です。あらゆるスポーツジャンルにおいて一流選手の使用実績がそのクオリティーの高さを証明しています。

999.9 feelsun(フォーナインズ・フィールサン) / made in SABAE

「陽射しを、ここちよく」をコンセプトにする、フォーナインズのサングラスライン「999.9 feelsun(フォーナインズ・フィールサン)」です。
目を保護する機能、ファッションの幅を広げるデザインはもちろん、毎日でも掛けることができる、快適な掛け心地を追求。陽の光の本質を心ゆくまで味わえるように、サングラスを身につける楽しさ、そして気持ちよさを表現しました。

OZNIS by TALEX(オズニス)made in JAPAN

「すべては、あなたの目への優しさのために。」
OZNISは、かけがえのない目のためにできることを提案します。それは目を疲れさせている光景を、目に優しいシーンに変えること。機能サングラスとして最も重要なレンズには、「ザ・レンズTALEX」を使用しています。そして、そのレンズをホールドするフレームデザインは、「ザ・レンズTALEX」の機能を最大限に引き出し、優れたかけごこちを得るためのものです。

DITA(ディータ) / U.S.A

ジェフ・ソリオとジョン・ジュニパーの幼なじみのふたりによって1996年に産声をあげたディータは、厳選された素材とカラーコーディネーション、魅惑的なデザインフォルムがいつしかストリートの枠を超え、ハリウッドのセレブリティetc...たちから熱い支持を受けています。「BREAK THD MOLDS!」型にはまらないデザインスピリットがコンセプト。高い技術を持つ日本の職人たちのオールハンドメイド・メイドインジャパンのこだわりによって、DITAは生まれています。企画・サンプル製作は、福井の鯖江で行われております。

Renz



NXTレンズ

NXTは、米陸軍によるポリカーボネートを超える軽量防弾プロテクター開発プロジェクトによって誕生しました。 マグナムの銃弾も貫通しない強度(1mの至近距離から厚さ3cmの NXTブロックに発砲)を持ち、また、歪みや劣化の少ないハイクオリティな光学的特性を併せ持ちます。有害光線から目を守る機能だけでなく、今までのレンズになかった衝撃に対する特性を持つ、まさに次世代のレンズです。

KODAK(コダック)/ U.S.A

アメリカ・シグネットアーモライト社がKodak眼鏡レンズの開発時に取り組んだテーマは、とてもシンプルなものでした。カメラフィルムの分野で培われた、最高峰の光学技術。KODAKレンズの歴史は、そこから生み出された偏光フィルムとメガネレンズの融合によって幕を開けました。そのKODAKレンズを使い、OAKLEY社のサングラスレンズを「全視界度付」にすることが可能になりました。RADARLOCKなどのくりぬきのレンズが苦手、広い視界を度付で余すことなく使いたい、とお考えの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

タレックス TALEX(タレックス) / made in JAPAN

「ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?」
幕末から眼鏡レンズ発祥の地として栄え続けてきた大阪の田島で、偏光グラスを専門に開発と生産を80年続けているTALEX。オリンピックの指定サングラスやプロスポーツ選手の愛用品に選ばれるなど、呼び声は高く、世界唯一のメーカーと言われています。製造工程の60%がハンドメイドで、正真正銘のメイドインジャパンです。体験はいつでも無料で「びっくりするほど目に優しい」体験ができます。

ZEAL optics(ジール) / made in JAPAN

「機能性を備えた造形美の表現」という設計思想をベースに、軽量であることや、重量バランスにこだわり、日本人の骨格に合わせた自然なフィッティングを追求しました。厳しい環境に耐えうる強度と匠の技術が実現させたフレームの精度。まるで空気を着こなすかのようなアイウェアが永遠なるパフォーマンスを導きます。フィッシングのトッププロ達がこぞって愛用し、タレックスレンズの入ったそのサングラスは、まさに「パートナー」とも言える存在です。

Watch



Victorinox(ビクトリノックス) / SWISS

ビクトリノックスは、1880年代に創業しました。当時は大勢のスイス人は失業し、国外へ移住する以外に方法がない状況が続きました。刃物職人のカール・エルズナーは1884年、彼は自らがリーダーとなりワークショップを開設し、その後スイスで刃物のギルドを組織します。そして、仲間と共にスイス陸軍兵士のためのナイフ製造を開始したことが、ビクトリノックスの始まりです。その商品ラインナップは、多岐にわたり、ビクトリノックスのウォッチも機能性の高さから、とても人気があります。

WENGER(ウェンガー) / SWISS

ウェンガーのスイスアーミーナイフは100年以上の進化を遂げたアウトドア・アドベンチャー用のマルチファンクションツールです。ウェンガーは長い歴史を持つスイスアーミーナイフと同じコンセプトで時計を造っています。時計も必要不可欠な道具としてデザインをしています。踊る大捜査線〜レインボー・ブリッジを封鎖せよ〜では、織田裕二が着用し、話題となりました。

SUNNTO(スント) / FINLAND

1936年にフィンランドで創業したスントの第一歩は、世界初の液体封入式コンパスを開発したことから始まりました。以後、今日まで、スポーツやアウトドアの分野で、アスリートたちの挑戦を高い次元でサポートしてきました。洗練されたフィンランドデザインを身にまとい、いまもなお進化し続けるスントのスポーツコンピューターは、世界中のあらゆるフィールドで印象強く輝いています。

Copyright(c) 2014 face & wrist gallery SAKAI. All Rights Reserved.